来るべきアレフバー の世界

ペルシア文学の余白×図書館の窓際=世界文学の中心

ペルシア文学

スィーミーン・ダーネシュヴァルの遺言書(画像)

元記事へのリンク: تصویر وصیتنامه سیمین دانشور. 3月に亡くなった女性作家スィーミーン・ダーネシュヴァルの遺言書が、遺族によって公開されました。 死後、姪で養女のレイラー・リヤーヒー女史がダーネシュヴァルの著作と翻訳、海外におけるダーネシュヴ…

ナーセル・ホスロウ作品英訳三点

今年はナーセル・ホスロウ作品の翻訳が三つも出る予定だ。 と思っていたら、『二つの叡知の集合』と『宗教の顔』の英訳は既に発売予定日を過ぎていることが昨日判明しました。 慌てて注文しようとしたところ、アマゾンだと、Between Reason and Revelation: …

イスタフリー『諸道と諸国の書』ペルシア語版異本の出版

چاپ نسخه برگردان دستنویس مسالک و ممالک - مرکز پژوهشی میراث مکتوب. ヒジュラ暦4世紀(西暦10世紀頃)にアブー・イスハーク・イブラーヒーム・イスタフリーがアラビア語で著した地理書『諸道と諸国の書al-Masālik wa-al-mamālik/Masālik al-mamālik』には…

アーレ=アフマド作品まだ出る

引用元: جلال آ‌ل‌احمد، چهره پرفروغ هفته دوم اسفند در بازار کتاب. 元記事は、本の家協会(Khane-ye Ketab)*のデータバンクに基づいていますが、それによると、エスファンド月第2週(西暦の3月初旬あたり)出版された本の内訳はこんな感じだそうです。 こ…

パールスィーネジャード、『イラン文学史』第5巻を執筆

خبرگزاری کتاب ايران (IBNA) - ايرج پارسي‌نژاد مجلد آخر تاريخ ادبيات ايران را مي‌نويسد. このニュースで初めて知りましたが、5巻本の『イラン文学史Tārīkh-i adabīyāt-i Īrān』というものが準備されているらしく、1〜4巻を欧米のイラン学者がE・ヤール…

『現代ペルシア文学』創刊

دو فصلنامه علمی ـ تخصصی «ادبیات پارسی معاصر» منتشر شد. 要約すると、人文学・文化研究所(Pejuheshgah-e Olum-e Ensani va Motaleat-e Farhangi)は、年2回刊の学術雑誌『現代ペルシア文学Adabiyāt-i Pārsī-i Muʿāṣir』を創刊した。 収録論文は、ザフラー…

「ナポレオンおじさん」の舞台となった邸宅の老朽化進む

元記事URL: http://www.voanews.com/persian/news/daee-khane-05-01-2010-112981944.html イーラジ・ペゼシュクザードの小説『ナポレオンおじさんDayijan Napoleon』を基にしたテレビドラマの舞台にもなった、アミーノッソルターン(エッテハーディーエ)庭…

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.