読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来るべきアレフバーの世界

ペルシア文学・イラン文化研究と図書館の話

2015年7月の新刊

今月の新刊 新刊・近刊

イラン関係

革命イランの教科書メディア――イスラームとナショナリズムの相剋 (岩波オンデマンドブックス)

革命イランの教科書メディア――イスラームとナショナリズムの相剋 (岩波オンデマンドブックス)

 

 1999年に出た本のオンデマンド版です。オンデマンドなのにこの価格。岩波さん。。。図書館しか相手にしてない?

 

 (以下2冊、7/26追記)

 

イラン毒ガス被害者とともに: 海外医療支援の20年

イラン毒ガス被害者とともに: 海外医療支援の20年

 

 

 

イスラーム関係

イスラーム的 世界化時代の中で (講談社学術文庫)

イスラーム的 世界化時代の中で (講談社学術文庫)

 

 こちらは2000年に出たNHKブックスの再版。(7/26追記)書店で手に取って見ましたが、この本は初級〜中級の学生さんに読ませるのにちょうどいいですね。文庫版のあとがきは小杉先生です。Kindle版あり。

 

イスラーム基礎講座

イスラーム基礎講座

 

帯より:佐藤優氏推薦!「いすらーむについて知るにはこの本を超えるものはない。」 

Amazon.co.jpより:本書は、1999年刊行の『イスラーム教を知る事典』を、現代の国際情勢に合わせ、新たな項目を加筆したものです。

 

 

本当のイスラームが知りたい

本当のイスラームが知りたい

 

俺も知りたい。

 

なぜ? どうして?? 世界を騒がす仰天ニュース「イスラム」ココがわからない!!
 

俺もわからない。あれ? 

中東研究

「アラブの春」とは何だったのか

「アラブの春」とは何だったのか

 

(7/26追記)Amazon.co.jpで見たら、発売が10月に延期になったようです。

 

中東を取材すると世界がわかる

中東を取材すると世界がわかる

 

 

(以下1冊、7/26追記)

中国、アラブ、欧州が手を結びユーラシアの時代が勃興する

中国、アラブ、欧州が手を結びユーラシアの時代が勃興する

 

 

イスラーム国関連(7/26追記)

まだまだ出るう・・・

「イスラーム国」の生態がわかる45のキーワード

「イスラーム国」の生態がわかる45のキーワード

 

   

ISISイスラム国 残虐支配の真実

ISISイスラム国 残虐支配の真実

 

 

「イスラム国」と「恐怖の輸出」 (講談社現代新書)

「イスラム国」と「恐怖の輸出」 (講談社現代新書)

 

 

トルコ関連(7/26追記)

アルパムス・バトゥル: テュルク諸民族英雄叙事詩 (東洋文庫)

アルパムス・バトゥル: テュルク諸民族英雄叙事詩 (東洋文庫)

 

 

その他(7/26追記) 

独裁国家に行ってきた

独裁国家に行ってきた

 

中東・イスラーム諸国では、トルクメニスタンリビアサウジアラビア、シリアがエントリー。

フィクション(7/26追記) 

戦場の支配者 SAS部隊シリア特命作戦 上 (竹書房文庫)

戦場の支配者 SAS部隊シリア特命作戦 上 (竹書房文庫)

 
戦場の支配者 SAS部隊シリア特命作戦 下 (竹書房文庫)

戦場の支配者 SAS部隊シリア特命作戦 下 (竹書房文庫)

 

 

 

全般的に、7月は関連書籍が少ないのかな?というのと、この数ヶ月、イスラーム国ブームが過ぎない内に、ということなのか、昔出た本のリニューアルとか焼き直しみたいなのも目立ちます。ま、栗田出版販売の件もありましたし、紙の本を売るのも大変なんだと思いますが・・・

urag.exblog.jp

urag.exblog.jp

 

 

さて、私はちょくちょく新刊本のチェックに書店に行きます。ネットで見つからなかった本に出会ったりして面白いです。先日はマンガコーナーでこれを見つけました。 

コーラン (まんがで読破 MD133)

コーラン (まんがで読破 MD133)

 

Kindle版もあり。

 

最初、画のスタイルに違和感があるかも知れませんが、要点でちゃんとコーランを引用していたり、素人にはできない構成ですね。全体的にイスラームを良く書いているという点で、Amazonのレビューでは賛否両論ですが、コーラン(要するにイスラーム)を紹介するための本なので、批判がないのはまあ自然なことじゃないかと思います。

てゆうか誰が協力してるのか知りたいのですが、さすがに何か問題があったら困るから著者が集団名になっているのかな。そういう起こりうる問題を把握して敢えてそうしてるんだろうな、と思ってまた感心したりして。

どうでもいいことですが、紀伊國屋新宿本店の別館のマンガのフロアって、女子ばっかりですね!!普通の書店だと気にならなかったのですが、マンガだけのフロアだと、ああ、今マンガ買うのは大人の女性なんだな、っていうのを実感しました。昔からそうだったのかも知れませんが。

かくいう私も最近マンガ買ってないな〜。最後に買ったのは土田世紀『俺のマイボール』でしょうか。

 

俺のマイボール 1 (アクションコミックス)

俺のマイボール 1 (アクションコミックス)

 

 土田作品は、人間の弱さを認めた上で、こういう強さがあったらいいっていうのを主人公に託してくる。大好きです。

(何の話や)

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.