読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来るべきアレフバーの世界

ペルシア文学・イラン文化研究と図書館の話

アニメ『アルスラーン戦記』の行く末についてふと考えた

生存記録 表象のイラン 『名高きアミール・アルサラーン』

明日はアニメ『アルスラーン戦記』第2話放送ですね。

 

さて、コミック版のほうは、先日申しましたように人からお借りして3巻まで読んだのですが、せっかくなので章立てとストーリー構成をメモしておきました。原作とコミック、アニメで話がこんがらがってきそうだったので・・・

 

☆(ネタバレになりますので今後のストーリーを楽しみたい方はご注意

 1巻

アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス)
 

 第一章 「エクバターナの栄華」

コミック版オリジナルエピソード。11歳のアルスラーンが脱走したルシタニアの少年エトワールに引き回される。

第二章 「アトロパテネの会戦」

霧の中で苦戦するパルス軍。隊からはぐれたアルスラーンの前に裏切り者カーラーンが現れる。

第三章 「黒衣の騎士」

アンドラゴラス退陣。ダリューンとカーラーンの対決。退陣するアンドラゴラスの前に銀仮面の男が現れヴァフリーズが殺される。

第四章 「旧友(ルビ:とも)との再会」

ダリューンとアルスラーンはナルサスのもとへ向かう。

 

2巻

アルスラーン戦記(2) (講談社コミックス)
 

第五章 「君主の度量」

隠遁していたナルサスが、将来宮廷画家として迎えるというアルスラーンに折れて合流。

第六章 「救いの一矢」

ルシタニア軍に包囲されたエクバターナ。ルシタニアに囚われ、味方の矢で死にたいと叫ぶ万騎長(マルズバーン)シャプールを弓で射てとどめを刺す謎の男(ギーヴ)の登場。

第七章 「流浪の楽士」

王妃に謁見するギーヴ。ルシタニアにそそのかれた奴隷たちが反乱し、ギーヴは王妃を連れて地下道から脱出する。

第八章 「血塗れの門」

王妃が替え玉であることを見抜くギーヴ。そこへ銀仮面の男が現れる。王宮から火の手があがり、サーム、ガルシャースフがルシタニアの手に落ちる。

第九章 「流血の狂宴」

洞窟から出発するアルスラーン一行。エクバターナは陥落し、イノケンティス七世が入城する。

第十章 「囚われの王妃」

タハミーネ王妃が捕らえられる。王妃を一目見て好意を抱くイノケンティス。イノケンティスとボダンに不満を抱く王の弟ギスカール公爵とその部下たち。ルシタニア人の奴隷を探しにエトワールが現れる。

 

3巻 

アルスラーン戦記(3) (講談社コミックス)
 

第十一章 「カーラーンの出陣」

エトワールと、エクバターナを偵察にきたエラムが刀を交える。カーラーンが襲うと思われる村へと向かうアルスラーン一行。

第十二章 「絶世の美女」

ギーヴとファランギースが出会う。アルスラーンに合流しようとするファランギースに同行するギーヴ。とある村では、カーラーンが男たちを殺すよう命じている。

第十三章 「裏切りの英雄」

ナルサスの策にはまり、北へ向かうカーラーン軍。ファランギースとギーヴがアルスラーンたちに合流する。谷間におびき出されたカーラーン軍にアルスラーンたち5人が奇襲をかける。アルスラーンに襲いかかるカーラーンに、ダリューンが挑む。

第十四章 「王の行方」

瀕死のカーラーンの口から、王が生きていることを知らされる。

第十五章 「正統の王」

アルスラーン一行はエクバターナへ向かう。魔術師がカーラーンの死を銀仮面卿に告げる。

第十六章 「イノケンティス王の恋」

タハミーネに求婚するイノケンティス。大司教ボダンはパルスの書物を焼き払う。エクバターナの街に潜伏するナルサスとダリューン。ナルサスはボダンを自ら殺す決意をダリューンに宣言する。

第十七章 「仮面の下」

王の居場所を探る二人の前に銀仮面卿が現れる。ダリューンの一撃で仮面を剥がされる銀仮面卿。

第十八章 「水辺の再会」

逃げる銀仮面。山小屋に身を隠すアルスラーンたちの前に、エトワールが現れる。

第十九章 「二人目の王子」

アルスラーンの口から仲間の奴隷たちが殺されたことを聞くエトワール。アルスラーンに聖典をわたし、改宗する気になったら城に来いといってその場を去る。母がイノケンティスに求婚されていることを知って焦るアルスラーン。

いたぶられるアンドラゴラスの前に銀仮面卿が現れ、自分がオスロエスの息子ヒルメスであることを明かし、自分が真の王(シャーオ)であると宣言。

 

 

原作(光文社文庫版)と照らし合わせると、ここまでが丁度原作の第1巻「王都炎上」の終わりに相当します。コミック版のエトワールとの絡みは、確か原作にはない逸話です。

 

王都炎上―アルスラーン戦記〈1〉 (光文社文庫)

王都炎上―アルスラーン戦記〈1〉 (光文社文庫)

 

 

さて、こうして見ますと、コミック第1巻は全4章、第2巻は全6章、第3巻は全9章と、徐々に章の数が増えているのですが、本の厚さが変わっていないので、1章の長さがどんどん短くなっていることが分かります。

 

先回放映されたアニメの第1話は、コミックの第1章に相当していました。ということはですね、仮に、予定通り今年の9月にコミック第4巻が出るとしても、アニメが毎週放映された場合、8月9日で第19回になってしまう訳です。8月16日にはコミック単行本化されていない第20章に入ってしまい、アニメが単行本を追い抜いてしまいます。

 

勿論、別冊少年マガジンでは連載が先に進んでいますが、月刊誌ですので年間12章、アニメのほうは単純に考えればその4倍強の早さで進んでいきます。

 

それも、1章をアニメ1話分に換算した場合の話ですので、短い章を30分番組のために相当引き延ばすか、特番などで放映を潰すかしないと、早晩アニメがマンガ連載に追い付いてしまうことが予想されます。

 

その場合、原作から直接アニメにネタを補給することになるのでしょうか・・・コミック3巻分(19章=アニメ5ヶ月弱の放送)で原作の1巻に相当ということは、35ヶ月で7巻『王都奪還』(第1部の終わり)あたりまで話が進みますかね・・・非常におおざっぱな計算ですのでアレですが、6年で『天鳴地動』あたりまで追い付くのかな・・・

  

王都奪還・仮面兵団 ―アルスラーン戦記(7)(8)  カッパ・ノベルス

王都奪還・仮面兵団 ―アルスラーン戦記(7)(8) カッパ・ノベルス

 

 

 

・・・てゆうか、こんなこと考えて、何になるんだろうか(笑)

 

行けるところまで行けばいいよね!ヤシャスィーン!!

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.