読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来るべきアレフバーの世界

ペルシア文学・イラン文化研究と図書館の話

ハーディー・ホルサンディー『アルツハイマーの詩』

随分前に訳しておいたものですが、ここに掲載します。

 

ハーディー・ホルサンディーは独りで風刺的な内容を語るスタイルの「スタンディング・コメディアン」で、イラン革命後、イギリスに亡命しました。その娘シャーピー(シャーパラク)・ホルサンディーも、英語のスタンディングコメディアンであり、亡命時の体験を描いた自伝も出しています。

 

A Beginner's Guide To Acting English

A Beginner's Guide To Acting English

 

 

故郷を失って生きることの苦しみから逃れるために、アルツハイマーになって死にたいというこの詩は、ユーモアに溢れながらも、その心境を思うと非常に切ない、泣かせる(最近、こればっかり)内容になっています。

ちなみに千三百○○年、というのはイラン暦ですので、西暦に換算すると19xx年、という感じで、全部20世紀のイランの出来事を言っているわけです。イラン現代史を読んだ人なら、共感できるかと思います。

 

アルツハイマーの詩

 


Alzheimer poem- Hadi khorsandi شعرالزایمر ازهادی خرسندی - YouTube

 

アルツハイマーになりたい

思い切り忘れて死にたいから

 

自分の状態や、どこにいるかも、

日付も、年齢も分からなくていい

 

記憶など長く続かない方がいい

歴史や数字が思い出されるから

 

千三百何(key)年、

葦(ney)がうめき声をあげて葦原から切り取られ

 

千三百幾つ(chand)の年、

私たちの唇から微笑みが失われたか

 

年を数で指すのはやめて

暗示や示唆で指すことにしよう

 

千三百「悲しみ(gham)」年、

私の運命の基本が整った(farāham)

 

千三百「痛み(dard)」年、

未来が私を呼んだ(seda kard)

 

あれは確か千三百「無(hich)」年、

曲がりくねった(pich)道を探した

 

覚えていたくない、千三百「空虚(pūch)」年に、

どんな希望を持って祖国を捨てて移住(kūch)したか

 

思い出したくない、何がどうなって

次々と災難が祖国を覆ったのか

 

どんなふうに、千三百「石油(naft)」年、

己の魂が体から出て行く(raft)のをこの目で見たか

 

富(ganj)の上で、国民は腹を空かしていた

千三百「苦痛(ranj)」年

 

何年に 国民はどん底(tah-e chāh)に堕ちたか

それは千三百「シャー(Shāh)」年

 

千三百「衰弱(degh)」年

どうしてモサッデグ(Mosaddegh)博士は追放されたのか?

 

千三百「力(zūr)」年

独裁の根拠が全て調和(jūr)した

 

千三百「無知(jahl)」年

国民を騙すのはいとも容易く(sahl)なった

 

千三百「風(bād)」年

私も通りで叫び声(dād)を上げた

 

千三百「宗教(dīn)」年

憎しみ(kīn)の政府は国に覆いをかぶせた

 

シェイフが私たちに勝利(pīrūz)したのは何年か

千三百・・・

 

シェイフが私たちに勝利(pīrūz)したのは何年か

千三百・・・

 

記憶喪失になって

アルツハイマーの世界で死を迎えたい

 

自分の手がかりもなくしてしまえば

自分の耕したものも思い出すまい

 

新月の現れたことも知らず

収穫の時期を思い出すこともない

 

もし楽園(jannat)というものが 全ての宗教が用いる嘘ならば

忘却こそが 本当の天国なのだ

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.