読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来るべきアレフバーの世界

ペルシア文学・イラン文化研究と図書館の話

『遺産の鏡』50号は、文献学特集

読んでクレント・アワレネス

元記事へのリンク

 

ミーラーセ・マクトゥーブが発行している学術誌『アーイェネ・イェ・ミーラース(遺産の鏡)』第50号は、本文批評、文献学、写本学の論考を収録しています。

個人的に気になったのは、

「トゥースィーの『指示Ishārāt』注釈の古写本:それらと著者の写本との関係、作品の教授と学習の伝統について数点」という論文(著者のmu’allifではなく、編集されたmu’allafという意味かも知れません)と、

「イランと西洋におけるラーズィー研究の諸潮流の分類」

「ペルシア文学史における有名な無名人」

といったところです。読んでみないと何も言えませんが。

 

 

 

 

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.