読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来るべきアレフバーの世界

ペルシア文学・イラン文化研究と図書館の話

ガザーリー『誤りから救うもの』ペルシア語新訳

 

ترجمه جدیدی از «المنقذ من الضلال» به چاپ رسید.

元記事によると、セイイェド・ナーセル・タバータバーイーによるガザーリーの『誤りから救うものMunqidh min al-ḍalāl』の新しいペルシア語訳が出版されたようです。版元はモウラーMawlá。

これ以前には、『疑念と知識Shakk va shinākht』、『迷いからの解放Rahāyī az gumrāhī』という二つのペルシア語訳があったそうです。知りませんでした。

2011年はガザーリー没後900年、ということで、ペルシア語読みとして何かしなくては(『幸福の錬金術』の翻訳とか?)、と思っていたのですが、何もしないままもう師走も半ば。

意外なことに、その手の記念企画は全然なかったような気がしますが、来年あるのでしょうか?

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.