来るべきアレフバーの世界

ペルシア文学・イラン文化研究と図書館の話

生存記録

遙かなる学術情報リテラシー教育担当者研修

例年好評(?)を頂いているリテラシーセミナーは3日に無事終わったわけですが、やはり個人的に色々な課題が残されたように思います。 そこで、NIIの「学術情報リテラシー教育担当者研修」に申し込もうと思ったわけでして・・・ (以下、分かる人にしか分か…

خز

フェイスブックでは時々アンケートが回ってくるのですが、イラン人から回ってきたもので以下のようなものがありました。 خزترین کار تو فیس بوک چیه؟ 「フェイスブックで一番khazな行為は何?」 というものですが、このkhazが辞書にのってません。文脈から、…

『法廷通訳ハンドブック実践編:ペルシャ語』改訂版

忘れもしない、てゆうかいつだったか忘れましたが、「通訳をやるぞ!」と意気込んでこの本を求めて霞ヶ関をさまよい歩き、至誠堂書店まで行ったけどやっぱりなくて、あ〜あ、八重洲ブックセンターにある内に買っとけば良かった、と後悔したものでした。 ふと…

ナーセル・ホスロウ『二叡知の集合』の翻訳、ついに出た?

当分、出ないだろうと高を括っていたのですが・・・ Between Reason and Revelation: Twin Wisdoms Reconciled (Ismaili Texts and Translations) 作者: Nair-i Khusraw,Eric Ormsby 出版社/メーカー: I. B. Tauris & Company 発売日: 2012/06/15 メディア: …

スィーミーン・ダーネシュヴァルの遺言書(画像)

元記事へのリンク: تصویر وصیتنامه سیمین دانشور. 3月に亡くなった女性作家スィーミーン・ダーネシュヴァルの遺言書が、遺族によって公開されました。 死後、姪で養女のレイラー・リヤーヒー女史がダーネシュヴァルの著作と翻訳、海外におけるダーネシュヴ…

マリナ・ネマット『テヘランの囚人』

イラン出張の帰りにドバイ空港で買った本。通勤電車の中でちょっとずつ読んでいた本だが、昨日めでたく読了。 改めて発見したことだが、マスマーケット・ペーパーバックと呼ばれるこのサイズは通勤電車の中で読むのに適している。といっても、ページをめくる…

『現代思想 2011年4月臨時増刊号』総特集「アラブ革命」

青土社のHPはこちら 今日はNACSISがちょっとだけ動いた。その僅かな時間に雑誌を登録。 現代思想増刊号の特集は「アラブ革命」 。 パラパラとページをめくってみると・・・ 巻頭を飾るジジェクの論考ですが、「タハリール」が全部「タリハール」になってい…

イランで南京虫に襲われたの巻(2)

(昨日の記事の続きです) 南京虫の恐怖 その部屋は、丁度隣の建物の陰で昼間もまったく陽の当たらない、2階の暗い部屋でした。真夏だったので、その点はさほど気になりませんでしたが、どことなく変な匂いのする部屋でした。しかし、せっかく移ったシング…

イランで南京虫に襲われたの巻(1)

ちょっと古い話ですが、2009年にイランのホテルで南京虫に襲われたときのことを書きます。何かの参考になるかも知れませんので。さっそく文学から脱線してしまい恐縮です。 ホテルの名誉のために名前は敢えて伏せておきますが、フェルドウスィー広場からそう…

ポール・ド・マン『盲目と洞察』を求めて

久々にウラゲツブログを見て、『盲目と洞察』の邦訳発売を知ったのは、確か昨日だった。まさに寝耳に水。『読むことのアレゴリー』が先に出るとばかり思っていたので・・・ そして今日。 後で分かることだが、私はこの記事を見て、勝手に今日発売だと勘違い…

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.