読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来るべきアレフバーの世界

ペルシア文学・イラン文化研究と図書館の話

明けましておめでとうございます(イラン暦版)

サーレ・ノウ・モバーラク(新年おめでとうございます) 元日に書いた前回の記事から、あっという間に3ヶ月以上が過ぎ、イラン暦の新年(1396年)になってしまいました。相変わらずの筆不精、有言不実行の日々でお恥ずかしい限りです。 イランの新年は春分…

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 毎度のことながら、年末から年度末にかけては寒いのでブログ更新が途絶えがちになってしまいます。しばらく更新してなかったので、きっかけがなくなっていましたが、新年ということで、うまいこと切り替えて行きたいと思い…

走ることについて語るときに僕の騙らないこと

しばらくブログから遠ざかっている間に、ランニングを始めました。 まあ、どちらかといえばランニングというよりジョギングですが、主な動機はダイエットと健康増進なので、お金も時間もかけないで、ゆっくり走ることをモットーにやってます。で、2ヶ月続い…

国立公文書館 企画展「ようこそ地獄、たのしい地獄」

先日、国立公文書館で開催中の企画展「ようこそ地獄、たのしい地獄」を観に行ってきました。 展示会情報:国立公文書館 入り口のアスファルトに描かれたトリックアートです。中途半端に切れてて済みません。 お役所がやっている、無料の展示会、ということで…

駒込は遠きにありて

唐突ですが、東大本郷キャンパスでは、ところどころにアジサイが咲いています。 衝動的に、ガラホSHF31で撮影してみました。 これは懐徳門を入って左手に咲いているアジサイ。 マクロモードがないので、「料理」にしないとピンぼけしてしまいます。そのかわ…

そして人生は続いた

前回の記事から随分(4ヶ月!)間が空いてしまい失礼しました。 毎年、12月から年度末にかけては仕事が忙しくてブログの更新が滞ってしまうのが例年のパターンでしたが、今回は転職活動やら息子の受験やらで、生きた心地のしないまま3月上旬まで悶々と過ご…

ガラホSHF31でモバイルSuica、やっぱ面倒だわ

以前に、ケータイをauのガラホに変えたということを書きました。 alefba.hatenadiary.jp アプリのバージョンアップすらできなくなり、もう怒り心頭でしたが、N.Wさんのコメントでバージョンアップできるようになったことを知りました(N.Wさん、ありがとうご…

今日、誰かの誕生日だっけ?

今夜からキリストの生誕を祝うクリスマス(イブ)なわけですが、某カレンダーを見ていたら今日は預言者ムハンマドの生誕日となっていて、別に私はムスリムじゃないのですが、この一致に小さな感動を覚えた次第。 といっても、イスラーム暦は太陰暦ですので、…

ケータイをauのガラホAQUOS K SHF31に換えたらおさいふケータイがーっ!!の巻

追記(1/20):モバイルSuicaを使う人はこの機種に換えないほうがよいです。 追記(2/1):モバイルSuicaのアップデート(コメント欄参照)により、不具合が解消された模様です。しばらく検証してみます。 私のガラケーはCasioのEXILIMケータイで、通話でき…

今夜はヤングに♡(テキトー)

今週のお題「私のテーマソング」 ★ 原稿の締め切りに追われて、ブログが更新できずにいます。 連日の夜更かしでとても眠いのですが、あと一踏ん張りなので、以下の曲を聴いてアゲアゲで頑張ろうと思います。 Tonight Is What It Means To Be Young [Official…

完全無欠のロックンローラー、好きだったなあ〜

シルバーウィークに「アラジン」を観てきました。 www.shiki.jp 四季のミュージカルを観るのは、2010年の横浜で観た『キャッツ』以来です。家族は色々観に行っているのですが、私はたいてい仕事に追われて留守番か、出張とかで居ないことが多いのです。今回…

長倉洋海写真展「その先の世界へ」

前回の記事は、タイトルも内容も地味だったのでせいぜい1〜2ブクマかなと思っていましたが、初のホッテントリとなってしまいました。 普段の記事は自分だけが「おもしれ〜」と思いながら夜中に一人でニヤニヤしながらシコシコ書いて、結局自己満足でウケな…

アニメ『アルスラーン戦記』の行く末についてふと考えた

明日はアニメ『アルスラーン戦記』第2話放送ですね。 さて、コミック版のほうは、先日申しましたように人からお借りして3巻まで読んだのですが、せっかくなので章立てとストーリー構成をメモしておきました。原作とコミック、アニメで話がこんがらがってき…

東洋文庫ミュージアム「イスラーム展」もあと2日になりました

1月に始まった東洋文庫ミュージアムの『イスラーム展』も、残すところあと2日となりました。週末は来られませんので、今日は最後にもう一度展示を見てきました。 私はミュージアムの担当ではありませんので、ほんの少し関わらせていただいただけですし、資…

今日のできごと

I.B.Taurisから新刊のお知らせが来ました。 The Literature of the Iranian Diaspora: Meaning and Identity Since the Islamic Revolution The Literature of the Iranian Diaspora: Meaning and Identity Since the Islamic Revolution 「イラン人ディアス…

忙しいのでブログ書く

なんと。気がつくと前回の記事から1週間以上過ぎている。おかしい。 別にブログなんぞ書かなくてもよいのですが、忙しいからと言って書かないでいると、朝から晩まで仕事しかしなかった日は、後から振り返ると何も記憶がないのですよ。まるで仕事以外に何も…

今日は暖かい日ですた

前回の記事からまたまた時間が経ってしまいました。 まあ、毎年のことですが、この時期は仕事が忙しいのですよ。年末から年度末がシームレスに繋がって、色んなものが押し寄せてくるといいますか。実質、12月〜3月だから1年の3分の1は年度末なんじゃないかと…

REGZA Tablet AT570が蘇ったの巻

以前にちらっと触れましたが、タブレットPCが壊れたんですよ。何の前触れもなく。 東芝 タブレットパソコン REGZA Tablet AT570/46F 型番:PA57046FNAS 出版社/メーカー: 東芝 メディア: Personal Computers この商品を含むブログを見る 壊れた理由は、全く…

書くことは、隠すことだよねw

今週のお題「書くこと」 なんか、しょーもない記事がトップに出たままで恥ずかしいので、何か書かねば、と思ったのですが、記事を書くのって結構時間がかかるんですよね。でも、自分でイマイチだなと思う記事には、はやく下の方に行ってもらいたい。それで、…

アレフバーな研究者のカバン

今週のお題「私のかばん」 以前、カバンについて書こうと思ったことがあったのでこの機会に書いてみます。 私は研究職ですが大学教員ではなく、基本的に月曜から金曜まで、毎朝満員電車で約1時間の距離を通勤しています。弁当と水筒を持参するのでタダでさ…

マレク図書館の写本ファクシミリ版の販売リスト

古い記事ですが、たまたま見つけたので・・・ فروش نفايس خطي به صورت فاكسميله というのもですね、さきほど、マレク図書館らしきメルアドから、「アースターネ・ゴドセ・ラザヴィーの電子図書館の電子ファイルダウンロードサービスに関するアンケート」みた…

はてなブログに引っ越しました(何度目じゃ)

記事データをエクスポートできるようにしました。ブログのバックアップ等にご利用ください - はてなブログ開発ブログ だから引っ越した、というわけではありませんが。 実は数週間前からはてなにブログを引っ越そうと思っており、今週末には移転しよう、と思…

司書資格が取れた

今日は少し良いことがありました。 東洋大の通信教育課程で司書資格を取得するために受講していた授業の全教科の成績が、今日で出揃い、司書資格取得が確定しました。 日付を見ると、年末から2月にかけていかにやっつけ仕事だったかが分かってしまいます(笑…

ブログ引っ越しのお知らせ

あけましておめでとうございます。 突然ですが、思うところあって、このブログをはてなブログに引っ越しました。 http://alefba.hatenablog.com/ が、やはり色々と不都合な点があることに気づき、元に戻しました。 過去記事も移しましたので、今後はそちらも…

ダフタリー『イスマーイール派小史』発売・・・またぁ!?

紀伊國屋の電子書籍リーダー(アプリ)の使い勝手が良いので、このところ個人的にひいきにしている紀伊國屋ウェブストアですが(ポイント付くしね)、ここにお気に入り新着案内ページという機能があります。 自分の関心のあるキーワードを登録しておくと、こ…

ナーセル・ホスロウ研究最新事情

このところ、告知ばかりになってしまいましたが、ここはあくまで私的なブログですので、久々に研究の話題を。 『宗教の顔』英訳本 以前の記事で触れた、ナーセル・ホスロウの『宗教の顔』の英訳本ですが、ちょっと前に書店さんから、未刊のため入手できない…

bingを使えば、正しい世界が見えてくる(?)

しばらく更新が滞ってしまいましたが、実はこのブログの名称を変えようかと思っていたのでした。 その理由は、「アレフバー」でググったときの検索結果を見てがっくりきたからです。 某宗教団体とびっくりドンキーの運営会社のサイトが出てきてしまいました…

イラン研究会@大阪大学

3月30日〜31日はイラン研究会(イラン研究者集会)に行ってきました。大阪の回に参加したのは今回が初めてです。 てゆうか、実は大阪に滞在すること自体が初めてでした(笑)。 阪大豊中キャンパスは至る所に桜があり、満開でとてもきれいでした。 阪大…

برزگاو

21〜22日に京都で開催された中央アジア古文書研究セミナーに参加してきました。 今回、初めての参加で、中央アジアの文書を読むのも初めてだったはずなのですが、2回ほどデジャヴュを感じる出来事がありました(笑)。 一つは、2日目のファトワー文書の中に…

もっと知ろう、中央アジア&中央ユーラシア

最近、あまりにも忙しくてブログを更新することができませんでした。 とゆうか、本当は、忙しいときほど書きたいことがあるはずなのですが、やはりブログなんか書いていると「遊んでる」という印象があります、、、よね?しかし、まあ、告知なら、仕事の一環…

遙かなる学術情報リテラシー教育担当者研修

例年好評(?)を頂いているリテラシーセミナーは3日に無事終わったわけですが、やはり個人的に色々な課題が残されたように思います。 そこで、NIIの「学術情報リテラシー教育担当者研修」に申し込もうと思ったわけでして・・・ (以下、分かる人にしか分か…

خز

フェイスブックでは時々アンケートが回ってくるのですが、イラン人から回ってきたもので以下のようなものがありました。 خزترین کار تو فیس بوک چیه؟ 「フェイスブックで一番khazな行為は何?」 というものですが、このkhazが辞書にのってません。文脈から、…

『法廷通訳ハンドブック実践編:ペルシャ語』改訂版

忘れもしない、てゆうかいつだったか忘れましたが、「通訳をやるぞ!」と意気込んでこの本を求めて霞ヶ関をさまよい歩き、至誠堂書店まで行ったけどやっぱりなくて、あ〜あ、八重洲ブックセンターにある内に買っとけば良かった、と後悔したものでした。 ふと…

ナーセル・ホスロウ『二叡知の集合』の翻訳、ついに出た?

当分、出ないだろうと高を括っていたのですが・・・ Between Reason and Revelation: Twin Wisdoms Reconciled (Ismaili Texts and Translations) 作者: Nair-i Khusraw,Eric Ormsby 出版社/メーカー: I. B. Tauris & Company 発売日: 2012/06/15 メディア: …

スィーミーン・ダーネシュヴァルの遺言書(画像)

元記事へのリンク: تصویر وصیتنامه سیمین دانشور. 3月に亡くなった女性作家スィーミーン・ダーネシュヴァルの遺言書が、遺族によって公開されました。 死後、姪で養女のレイラー・リヤーヒー女史がダーネシュヴァルの著作と翻訳、海外におけるダーネシュヴ…

マリナ・ネマット『テヘランの囚人』

イラン出張の帰りにドバイ空港で買った本。通勤電車の中でちょっとずつ読んでいた本だが、昨日めでたく読了。 改めて発見したことだが、マスマーケット・ペーパーバックと呼ばれるこのサイズは通勤電車の中で読むのに適している。といっても、ページをめくる…

『現代思想 2011年4月臨時増刊号』総特集「アラブ革命」

青土社のHPはこちら 今日はNACSISがちょっとだけ動いた。その僅かな時間に雑誌を登録。 現代思想増刊号の特集は「アラブ革命」 。 パラパラとページをめくってみると・・・ 巻頭を飾るジジェクの論考ですが、「タハリール」が全部「タリハール」になってい…

イランで南京虫に襲われたの巻(2)

(昨日の記事の続きです) 南京虫の恐怖 その部屋は、丁度隣の建物の陰で昼間もまったく陽の当たらない、2階の暗い部屋でした。真夏だったので、その点はさほど気になりませんでしたが、どことなく変な匂いのする部屋でした。しかし、せっかく移ったシング…

イランで南京虫に襲われたの巻(1)

ちょっと古い話ですが、2009年にイランのホテルで南京虫に襲われたときのことを書きます。何かの参考になるかも知れませんので。さっそく文学から脱線してしまい恐縮です。 ホテルの名誉のために名前は敢えて伏せておきますが、フェルドウスィー広場からそう…

ポール・ド・マン『盲目と洞察』を求めて

久々にウラゲツブログを見て、『盲目と洞察』の邦訳発売を知ったのは、確か昨日だった。まさに寝耳に水。『読むことのアレゴリー』が先に出るとばかり思っていたので・・・ そして今日。 後で分かることだが、私はこの記事を見て、勝手に今日発売だと勘違い…

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.