読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来るべきアレフバーの世界

ペルシア文学・イラン文化研究と図書館の話

サルマン・ラシュディの新作はアヴェロエスも登場する現代のアラビアン・ナイト?

ブッカー賞受賞作『真夜中の子供たち』(1980年)、イスラームの預言者を冒涜したとしてホメイニ師から死刑宣告を受ける原因となった『悪魔の詩The Satanic Verses』(1988年)などで世界的に知られ、現在も精力的に作品を発表し続けているサルマン・ラシュ…

2015年7月の新刊

イラン関係 革命イランの教科書メディア――イスラームとナショナリズムの相剋 (岩波オンデマンドブックス) 作者: 桜井啓子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/07/10 メディア: オンデマンド (ペーパーバック) この商品を含むブログを見る 1999年に出た…

2015年6月の新刊

あっという間に6月ですね。恒例(?)の新刊案内です。といっても私もまだ読んでいないので、不案内にしかなりませんが・・・ まず、5月の新刊で抜けていたものがいくつかありました。 私はなぜイスラーム教徒になったのか 作者: 中田考 出版社/メーカー: 太…

2015年5月の新刊

どうもイラン関係はないようです・・・アラブブームに押されてますね。 個人的に気になったのはこの本です。文字を読むのが最近ツラくてですね、映像で快感を得たいっつうか、そういう気分です。 YAMAKEI CREATIVE SELECTION Pioneerbooks 大塚雅貴写真集 SA…

2015年4月の新刊 イラン・中東関連和書

ネタが無いのでルーチンワークを。まだまだイスラーム国関連出版物が続くようです。 イラン関連 個人的に注目の新刊です。 よく晴れた日にイランへ 作者: 蔵前仁一 出版社/メーカー: 旅行人 発売日: 2015/04/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件)…

『イラン研究』11号が出ました

さっき、〈はてな〉の中で「ペルシア文学」検索したら当ブログの記事しか出てこなくて、もうホントにペルシア文学も絶滅危惧種ですね。 というのは冗談で、単に〈はてな〉でバカやってる人が他にいないだけの話でして、研究者は少なくありません。今日はそん…

2014年9月の新刊

9月に出た本です。洋書や電子書籍はチェックしきれていませんので後で追加するかも知れません。 イスラーム思想・文化 イスラーム文化 一九八一年 ― 一九八三年 (井筒俊彦全集 第七巻) 作者: 井筒俊彦,木下雄介 出版社/メーカー: 慶應義塾大学出版会 発売日…

極東書店ニュース no. 617より

『極東書店ニュース』 no. 617が届きました。 気になる本をいくつかメモしておきます。 (ここでAmazonへのリンクを貼ったりするのはフェアではないと思いますので、カタログ中の和訳タイトルのみ紹介します。これをですね、極東書店さんのHPの「書籍簡易…

グタス『アヴィセンナとアリストテレス主義の伝統』第2版

この4月に発売予定の本です。現時点ではまだ出ていないようですが。 Avicenna and the Aristotelian Tradition: Introduction to Reading Avicenna's Philosophical Works 作者: Dmitri Gutas 出版社/メーカー: Brill Academic Pub 発売日: 2014/04/11 メデ…

イスラームを学ぶ、終に

ブログの更新が一ヶ月以上も滞ってしまいました。 この間、11月、12月と色んなことがあったのですが、この一年の最後を締めくくる記事として、これだけは書いておかないといけません。 山川出版社より『イスラームを学ぶ 史資料と検索法』が出版されました!…

アフマド・マフムード『隣人たち』英訳が遂に出た

少し時間が経ってしまいましたが、現代イランの作家アフマド・マフムード(2002年没)の『隣人たちHamsāyehā』の英訳が出ました。 The Neighbors (Modern Middle East Literatures in Translation) 作者: Ahmad Mahmoud,M. R. Ghanoonparvar,Nastaran Kherad…

アッタール『鳥の言葉』

5月に出版されたばかりの本です。友人から借りて、電車の中で読んでいます。 鳥の言葉 ペルシア神秘主義比喩物語詩 (東洋文庫) 作者: アッタール,黒柳恒男 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2012/05/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る まず、2…

ナーセル・ホスロウ作品英訳三点

今年はナーセル・ホスロウ作品の翻訳が三つも出る予定だ。 と思っていたら、『二つの叡知の集合』と『宗教の顔』の英訳は既に発売予定日を過ぎていることが昨日判明しました。 慌てて注文しようとしたところ、アマゾンだと、Between Reason and Revelation: …

ガザーリー『誤りから救うもの』ペルシア語新訳

ترجمه جدیدی از «المنقذ من الضلال» به چاپ رسید. 元記事によると、セイイェド・ナーセル・タバータバーイーによるガザーリーの『誤りから救うものMunqidh min al-ḍalāl』の新しいペルシア語訳が出版されたようです。版元はモウラーMawlá。 これ以前には、…

アーガーボゾルグ・テヘラーニー著『Kashf al-Zunun補遺』

کتاب ذیل کشف الظنون تالیف شیخ آقا بزرگ تهرانی به زودی منتشر می‌شود. シェイフ・アーガーボゾルグ・テヘラーニーによるハーッジー・ハリーファの『疑問の開示Kashf al-ẓunūn』補遺がもうすぐ出るようです。 本書には、ハーッジー・ハリーファの詳細な伝記…

ザンジャーニー『〈完璧〉を補完し、霊たちを休める』

http://www.khabaronline.ir/news-173044.aspx 〈ミーラーセ・マクトゥーブ〉シリーズの白ジャケット(=文学)の新刊。 元記事の説明によると、シハーブッディーン・マフムード・イブン・アフマド・イブン・バフティヤール・ザンジャーニー(573-656AH)は…

イーラジ・アフシャールが最後に校訂した本

http://mirasmaktoob.ir/view-1688.html. イーラジ・アフシャールとジャヴァード・バシャリーの校訂によるアブー・ターヒル・ムハンマド・イブン・ムハンマド・ヤフヤー・アウフィーの『節目の精妙における知性の気晴らし』(飽くまで仮訳)という本が出た。…

『文書の宝物』82号

هشتاد و دومین شماره نشریه «گنجینه اسناد» منتشر شد. Ganjine-ye Asnadの82号が出ました。個人的に気になるのは資料保存系の論文でしょうか。

月刊『ハーフェズ』84号

http://www.hafizmonthly.com/?p=2252 読みどころはアフマド・シャームルー特集でしょうか。アミーン編集長らによるアーイダーへのインタビューなど。

月刊『ハーフェズ』83号

http://www.hafizmonthly.com/wp-content/uploads/2011/08/hafiz-83.pdf セイイェド・ハサン・アミーン氏編集の『ハーフェズ』誌83号が出ました。 今年のテヘラン国際図書展にも出させてもらえなかったようですが、何とか頑張って出版活動を続けてほしいもの…

電子ジャーナル『新中東研究』New Middle Eastern Studies (2006/06/15)

イギリス中東学会BRISMESの院生・若手向けe-journalです。ブログを使っているのに、記事をPDFにして「ジャーナル」という旧メディアの形式を踏襲しているのは、少し残念な気がしますが。ネットでしかできないことをすべきでしょう。はてなスターをつけるとか…

マクリーン&マター『イギリスとイスラーム世界:1558-1713年』

Britain and the Islamic World, 1558-1713 作者: Gerald Maclean,Nabil Matar 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Txt) 発売日: 2011/06/20 メディア: ハードカバー この商品を含むブログを見る 6月20日発売予定。 版元のページによると、ヨーロッパの帝国主…

ササン・タヴァッソリ『キリスト教とイランの出会い:革命後のムスリム思想家たち』

Christian Encounters with Iran: Engaging Muslim Thinkers After the Revolution (International Library of Iranian Studies) 作者: Sasan Tavassoli 出版社/メーカー: I. B. Tauris & Company 発売日: 2011/05/15 メディア: ハードカバー この商品を含む…

ポール・ド・マン『盲目と洞察』を求めて

久々にウラゲツブログを見て、『盲目と洞察』の邦訳発売を知ったのは、確か昨日だった。まさに寝耳に水。『読むことのアレゴリー』が先に出るとばかり思っていたので・・・ そして今日。 後で分かることだが、私はこの記事を見て、勝手に今日発売だと勘違い…

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.