来るべきアレフバーの世界

ペルシア文学・イラン文化研究と図書館の話

『ヒトラーは私が殺した』(H・モアイイェリーネジャード著)

 

 

去年、ネットで見て面白そうだと思ったので、2月にイランに行ったとき買ってきたもの。

この夏に通勤電車の中で読了。

 

I Killed Adolf Hitler

ヒトラーは私が殺した

  • 作者:ハーディー・モアイイェリーネジャード著
  • 出版社/メーカー:ヒーラー(ゴグヌース出版社グループ)
  • 発売日: 2016夏
  • メディア:
  • この商品を含むブログを見る
 

 

あらすじ

「ぼく」(ハミード・ヌールチヤーン)は、マスコミにつとめる独身のアラサー男性で、あるとき、祖父(サーデグ・ヌールチヤーン)から秘密の話を打ち明けられる。それは、若き日の祖父と同僚のレザー・カームラーンプール氏が、イランのカスピ海沿岸部の町ラシュトで体験した出来事だった。

 

一般に、ヒトラーは大戦末期に自殺したということになっている一方、逃亡説も存在する。

祖父によれば、ヒトラーは自殺しておらず、ソ連軍に捕らえられ、ラシュトのレストランの地下室で密かに生き続けていた。

 

「わしが、ヒトラーを殺したんだ」

 

カームラーンプール氏とラシュトへ向かう「ぼく」。祖父がヒトラーを見たというレストランの地下室にあったのは、半世紀前の恐怖が今も続いているかのような空気と、どこからか漂ってくる、無数の死体が放つ危険な臭いであった。

 

あのとき殺されたのは、本当にヒトラーだったのか?怪しい美貌を放つカームラーン氏の娘ロザーは、ヒトラーの血を引く孫なのか?

 

謎を残しながらも、祖父から遺産を受け継いだ「ぼく」は、仕事を辞めて留学しようと決意する。その頃、祖父たちと一緒に行動したらしいドイツ在住のイラン人男性が、こんな本を出していた。

 

ヒトラーは、私が殺した』

 

「ぼく」とフランス在住の従姉妹のジャーレ、ヒトラーの孫娘かもしれないロザーは、その著者に会いに行く・・・

 

感想

112ページと短い小説である。ミステリーという触れ込みで期待して読んだのだが、緻密な謎解きや仕掛けなどはなく、ミステリーとしての楽しさは今ひとつ。

 

冒頭で、「ぼく」は実際に放映されたヒトラー逃亡説のドキュメンタリー番組に触れており、アイデア一つで書ききったという感は拭えないが、「ぼく」とジャーナリストである著者とが重なり合っており、本作の最後でもこの話を本にするようジャーレが注文していることから、もしかすると著者の祖父か誰か、本当にそんなことを言っていた人がいたのかも知れない。

 

イランは砂漠とか思っている人にはピンと来ないかも知れないが、ロシアやコーカサスとの繋がりを考えるとあり得ない話ではない、という「もしかしたら」的な関心でウケたのではないか、と思わせる1冊であった。

 

本作がデビュー作となる著者モアイイェリーネジャード氏は、最近『土地なき風たちの団体』というタイトルの詩集も出版したらしい。■

 

今週のお題「読書の秋」

 

タラーネ・アリードゥースティーとの一日

去る6月10日(土)、アスガル・ファルハーディー監督、タラーネ・アリードゥースティー主演のイラン映画「セールスマン」(原題:Forushande)が公開されました。東京ではBunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテ、立川シネマシティ(17日〜)で上映。イラン映画ファンでなくとも必見の映画です。

映画『セールスマン』公式サイト

 

タラーネ・アリードゥースティーといえば、私のMacの壁紙になっていることで一部で有名ですが(笑)、トランプ大統領のムスリムに対する差別的な移民政策に抗議して、ファルハーディー監督とともにアカデミー賞受賞式をボイコットしたことで日本でも少し話題になりました。 

 

サッカー元イラン代表選手・監督の父と、著名な彫刻家の母をもつタラーネは、美貌もさることながら、同世代のイラン女優の中でも抜きん出た演技力をもつ実力派女優として認知されており、これからのイラン映画界を牽引するに相応しい存在感をもつ女優です。

語学にも長けており、流ちょうな英語を話すだけでなく、アリス・マンロー作品のペルシア語訳も手がけています。*1

 

そんなアリードゥースティーさんが今回、「セールスマン」公開にあわせて初来日し、ル・シネマで舞台挨拶、また東外大と早稲田大で旧作の上映会とトークイベントを行うということで、追っかけをしてきました。といっても、8日の東京外大でのイベント、9日の「〜浜辺」特別上映会&トークショーは、諸事情によって行くことができず。10日の舞台挨拶と早稲田のイベントに行ってきました。

 

「セールスマン」舞台挨拶

普段はイラン映画は新宿で観ることが多いのですが、久しぶりに渋谷に行きました。学生の頃はちょくちょく来ましたが、高級文化と無縁の貧乏学生でしたので、Bunkamuraに入るの自体、多分初めて。

 

10時の開館前に行列ができていましたが、今回、座席指定券全て完売とのアナウンスがされて、帰って行く方もちらほら。ネットを使わない人には厳しい時代ですな。

 

先着60人だかには、イランのドライいちじくがもらえるということもあり、並び順を崩さないよう再三の注意を受けながらエレベーターで6階へ。

これが目当てというわけではなかったのですが、ゲットしました。

 

映画についてはまたの機会にレビューします。上映後、空いていた最前列に報道陣がぞろぞろと入り、トークショーが始まりました。司会はみんしるさん、通訳はお馴染みのゴルパリアンさんでした。観客からの質問コーナーはなし(くそう)。

 

今回、写真撮影については、トークショー中は禁止で、最後に撮影タイムが一瞬だけ与えられました。

arrows m03のカメラでは、暗くてブレてしまった。それにタラちゃんが照明より前に立ってしまっているので、松本零士の漫画みたいになってしまった。こんなことなら一眼レフを持ってくるんだった・・・(くそう×2)

 

不完全燃焼のまま、早稲田へ移動。

 

早稲田大学での上映会&トークショー

時間がないので、西早稲田から歩きながらおにぎりとファミチキを食べまして、いざ早稲田キャンパス10号館へ。櫻井先生の挨拶が始まっていましたが、なんとか照明が落ちる前に会場には入れました。

映画1「私はタラーネ、15歳」

1本目の上映は、2002年のラスール・サドレアーメリー監督作品「私はタラーネ、15歳Man Tarāneh, 15 sāl dāram.」(Wikipedia英語版:I'm Taraneh, 15 - Wikipedia )。この作品でアリードゥースティーさんはイランの第20回ファジュル国際映画祭、ロカルノ国際映画祭で主演女優賞を受賞しています。

幼い頃に母を亡くし、祖母と二人暮らしの15歳の少女タラーネは、絨毯屋の息子から求婚され、刑務所に収監されている父親にも承諾を得て、婚約することを選びます。しかし、精神的に未成熟な夫との関係はすぐに破綻し、タラーネは婚約破棄を決意。祖母が亡くなり、一人で生活を立て直そうとする矢先、妊娠が発覚し、身寄りのないタラーネは窮地に陥ります。

逃げるように海外に渡った元夫とは連絡が取れず、女性の人権問題を研究しているらしい元夫の母親は、支援する態度をちらつかせつつも、息子がお腹の子の父親であることを認めようとしません。父親の認知がなければ、赤ん坊のIDに父親の名前を記載することができず、私生児ということになってしまいます。イランでは婚外子は宗教的に違法な出生(ハラームザーデ)と見なされ、侮蔑の対象であり、ハラームザーデという言葉はそのまま罵倒表現にもなっています。

路上で出会った不良娘から、シングルマザーとしての道を選んだマルヤムという少女がいると聞き、タラーネも一人で子どもを産んで育てる決意をします。

生活費を稼ぐために、お腹の痛みをこらえながらレストランで働くタラーネ。ある日、とうとう仕事中に倒れ、運び込まれた病院で出産します・・・

 

このあたり、見ているのも辛くなる絶望的な場面で、日本でも乳児をもつシングルマザーが独立して生計を立てるのは非常に厳しいと思いますが、子どもを抱えて働くこともできずにセーフティーネットからこぼれおちてしまうことの恐怖をひしひしと感じてしまいました。それでもタラーネは、逆境に立ち向かいたくましく生きることを選びます。16歳のアリードゥースティーさんは、天真爛漫な優等生から母親へと成長していく主人公を見事に演じています。

 

映画2「シンプルな受け取りかた」(ネタバレあり)

2本目は、マーニー・ハギーギー監督のPazīrāyī-ye sādeh。2012年の作品です。これは個人的に面白かった。ちなみにこの日上映された2本はタラちゃんの気に入っている作品だそうです。

岩山をひた走る高級RV車(レクサスか?)。運転するのは若い女で、助手席には腕を怪我した男。彼らは、山岳地域で活動する労働者や低所得層に属する人たちを見つけては、大量の札束が入ったビニール袋を寄付し、その姿を動画に撮影しようとします。慈善団体やNGOのような活動ではなく、目的は不明。というか、金を寄付すること自体が目的のように見えます。

www.imdb.com

 

人間というものは、労働や商品の対価としては金品を受け取ることを当然と考えますが、名目もない大金をいきなり受け取れと言われたら、拒否するものです。この映画でも、金をあげたら人々は喜ぶはずだと思い込んでいる主人公の二人は、受け取ることさえ拒否する清貧の人たちに手を焼きます。しかし、一方的にお金を押しつけるのではなく、相手が望んで金を受け取ったという画が欲しい。

もうおわかりかと思いますが、ここにはODAや災害援助、復興支援という名目で先進国が途上国や被災国に金や物品を押しつけようとするのとまったく同じ構図が見えます。

 

そこで、彼らはあくまでも相手が自ら望んで金を受け取るよう、色んな頓知をきかせます。これが面白い。

例えば、ダンプトラックでセメントかなんかを運ぶアフガン人の兄弟に、男性主人公のカーヴェは、宝くじが当たったと嘘をついて金を受け取らせようとします。初めは困惑するダンプの運転手ですが、兄のほうは結婚したばかりということもあり、くじに当たったのならと納得して、つまり自分が幸運だったというストーリーにおいて、金を受け取ろうとします。

 

しかし、大金を手にしたにもかかわらず、資材を待っている人がいるからと仕事を続けようとする彼らに、カーヴェは態度を急変させます。援助する側からすれば、金を手にしたのだから大変な労働から解放されて欲しい、それでストーリーが成就するはずであるのに、兄弟は他人のために仕事を続けようとする。

カーヴェは、兄と弟の名前(モルテザーとモスタファー)を間違えた、本当にくじに当たったのは弟の方だったとして、弟が金を受け取るためには、兄に一銭も分与しないとクルアーンに誓うことが必要だと迫ります。とまどう弟に、受け取るよう命じる兄。しかしその顔は、大金を手に入れた悦びから、一瞬にしてどん底に突き落とされた暗い表情に。

まるで、相手が欲しがってもいない物資を送りつけておいて、感謝されないことや、贈り物が活用されないことに腹を立てる人と同じです。

 

主人公たちは、相手が金を受け取る理由を作り出すために、自分が欲してもいないものを買い取ろうとします。そして、結局は、欲しくもないのに買い取ったもの——埋葬されるべき子どもの亡骸や、足を怪我して殺されるのを待つだけのロバ——の後始末を、自分たち自身がしなければならなくなります。それは、金を得るためでも、誰かに命じられたからでもなく、命や他者に対する義務感からくるものです。貧乏人を労働から解放し、貧困から脱出させるというエゴによって金をばらまいてきた二人に、汗水垂らして働いたり、手を汚すことの意味が、逆説的にのしかかってきます。

 

トークとQ&A

さて、映画の後、イスラーム地域研究機構長の櫻井先生から幾つかの質問があった後、会場からの質問タイムに。

しかし、授業の一環になっているのか、学生からの質問を優先するとのこと。慶應の学生さんがまともな質問をしていましたが、結局、私の訊きたいことは訊けず(3rdくそう)。ま、しょうがないですね。 

 

ここでも、最後の最後に一瞬だけ撮影が許されました。こういうやり方が最近の流行なのでしょうか。

  

結局、上手く撮れないんだよね。遠かったのでデジタルズームでボケボケになってしまいました。やはり一眼をもってくるべきだった(くそう4度目)。

 

そんなわけで、若干心残りな点はありましたが、イラン映画を3本も観られて、生のアリードゥースティーさんも見ることができ、久しぶりにペルシア語科の後輩に会うこともできて楽しい一日でした。(了)

 

www.thesalesman.jp

 

記者クラブでもしゃべったらしい。

natalie.mu

 

彼女が消えた浜辺 [DVD]

彼女が消えた浜辺 [DVD]

 

 

*1:The Love of a Good Woman(邦題は『良き女の愛』)の翻訳のようですが、訳書のタイトルは『母の夢Rūyā-ye mādaram』で、The Love of a Good Woman に収録されているMy Mother's Dreamから取ったものと思われます。

ジャファル・パナヒ監督『人生タクシー』

久しぶりにイラン映画の話を。(若干ネタバレに注意)

現在国内で上映中の『人生タクシー』(原題:タクシー)は、ベルリン国際映画祭2015で金熊賞を受賞した、ジャファル・パナヒ(ジャアファル・パナーヒー)監督の最新作である。

 

jinsei-taxi.jp

 

2010年から映画撮影、脚本執筆、メディアのインタビュー、治療と巡礼以外の海外渡航を禁じられているパナヒ監督が、タクシーの運転手に成りすまし、車内に設置したカメラを通して、市井の人々の本音を映し出すという本作の設定は、アイデアとしてはキアロスタミの『10(テン)』などに通じるものがあるが、映画制作を禁じられている監督だからこそ説得力を持つを言えるだろう。タクシー運転手が防犯カメラを使って乗客を撮影するのは映画制作とは言えない(という言い訳が立つ)からだ。

しかし、私自身も当初そのように思っていたのだが、そのような期待をして本作を観るならば、ところどころにみられる作為性にがっかりするのではないだろうか。私は予告編動画を観て、これはドキュメンタリーではなさそうだと思い、ある意味それを確かめながら見ていたのだが、途中から、フィクションだと割り切って観ることにし、見終わった後、この作品をどう捉えるかについて悩んだ。

実際、本作の公式ウェブサイトやチラシを見ても、ドキュメンタリーであるとは書かれていないのである。ウィキペディア英語版では「ドキュフィクション」と定義されており、Docufictionの項目でも、パナヒ監督の前作(Closed Curtain)やキアロスタミの『そして人生はつづく』と並んで本作が代表的なドキュフィクション映画として挙げられているが、キアロスタミ作品と比べると、本作のほうが虚構性が高いように思われる。

登場人物である乗客たちは、入れ替わり立ち替わり乗ってきては、不条理な死刑制度や投獄、映画の規制、横行する窃盗、児童労働、それらの背景にある貧困、金への執着、はびこる迷信など、いかにも監督が描きたがりそうなイラン社会の問題を、語り、あるいは自ら体現し、去って行く。

さらに、運転手に徹する監督と、車内に固定されたカメラを補う役割を果たすのが、監督の姪のハナである。彼女は監督に代わって社会への疑問を語り、デジカメを使って車外の出来事を映し出す。

一連の出来事はゆるやかに繋がっており、一日の出来事として描かれている。要するにこの作品は、緻密な計算のもとに制作された映画であって、いわゆるドキュメンタリーとは違う。だが、それは、低俗な「やらせ」という意味ではない。

無論、中には出演者が自由に語っているリアルな部分があるだろう。例えば著名な人権活動家ナスリーン・ソトゥーデ本人が登場し、当ブログでも紹介したゴンチェ・ガヴァーミーの家族に面会に行くというくだりはかなりリアルである。

alefba.hatenadiary.jp

 

ソトゥーデ氏は2010年に投獄されており、2013年9月に釈放された。ガヴァーミー氏は、2014年6月に逮捕され、10月からハンストを決行、11月に釈放されており、ソトゥーデ氏は実際にガヴァーミー氏の家族に面会に行っているので、監督が敢えてソトゥーデ氏を登場させるために彼女とアポをとったにせよ、撮影の時期がかなりの程度特定され、この場面でリアルな出来事とのリンクが生々しくも浮き上がっている。

ちなみに、映画の中で「〜リアリズム」とか訳されていたsiyāh-namāという言葉は、文字通り黒い部分を見せること。外からは見えないような社会の負の側面を描いて晒すという面では、このパナヒ監督や、『別離』のファルハーディー監督が代表格で、こういう映画にはイラン国内でも賛否両論ある。

本作は、こうしたリアルな部分と、迷信に惑わされた双子のおばさんや、夫の生死よりも遺産のほうを気にしているかのような若い妻など、現実の社会をどことなく滑稽にデフォルメした部分とを混ぜ合わせ、一つのストーリーに仕上げており、小説などにも見られるような、イラン人のリアリティーに対する独特の感性が表れている。ネタバレになるので詳しくは書かないが、最後の終わり方は日本でもよく知られるモキュメンタリー映画『食人族』を彷彿とさせる。ドキュメンタリーとかモキュメンタリーとかそう言った概念自体をパロディー化して、そんなことを考えながら観ているような私のような人間を突き放し、あざ笑うかのようでもある。

 

 

f:id:iranolog:20170512000251j:plain

 

 

 

というわけで、この映画は、映画制作という禁を犯すにしても、大っぴらにロケをすれば妨害されるだろうし、こっそり作るにはこうするしかねえだろバカヤローという監督の声が聞こえてくるような作品です。そんな声を聴きたい人は、早いとこ観に行くのがよいです。 

新宿武蔵野館での上映は5月中旬までとのこと。本編上映前に森達也監督、松江哲明監督による数分の短編(数分ずつ)も観られます。

『人生タクシー』公開記念!短編映画上映決定! » 新宿武蔵野館

shinjuku.musashino-k.jp

 

また、13日から26日までは渋谷のアップリンクでも上映されます。(こちらは短編の上映は無し)

www.uplink.co.jp

 

そして6月は、ファルハーディー監督の『セールスマン』もいよいよ公開されます。今年もイランが熱い(暑い)!!

 

イラン映画をみに行こう

イラン映画をみに行こう

 

 

 

 

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.