読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来るべきアレフバーの世界

ペルシア文学・イラン文化研究と図書館の話

ジャファル・パナヒ監督『人生タクシー』

久しぶりにイラン映画の話を。(若干ネタバレに注意)

現在国内で上映中の『人生タクシー』(原題:タクシー)は、ベルリン国際映画祭2015で金熊賞を受賞した、ジャファル・パナヒ(ジャアファル・パナーヒー)監督の最新作である。

 

jinsei-taxi.jp

 

2010年から映画撮影、脚本執筆、メディアのインタビュー、治療と巡礼以外の海外渡航を禁じられているパナヒ監督が、タクシーの運転手に成りすまし、車内に設置したカメラを通して、市井の人々の本音を映し出すという本作の設定は、アイデアとしてはキアロスタミの『10(テン)』などに通じるものがあるが、映画制作を禁じられている監督だからこそ説得力を持つを言えるだろう。タクシー運転手が防犯カメラを使って乗客を撮影するのは映画制作とは言えない(という言い訳が立つ)からだ。

しかし、私自身も当初そのように思っていたのだが、そのような期待をして本作を観るならば、ところどころにみられる作為性にがっかりするのではないだろうか。私は予告編動画を観て、これはドキュメンタリーではなさそうだと思い、ある意味それを確かめながら見ていたのだが、途中から、フィクションだと割り切って観ることにし、見終わった後、この作品をどう捉えるかについて悩んだ。

実際、本作の公式ウェブサイトやチラシを見ても、ドキュメンタリーであるとは書かれていないのである。ウィキペディア英語版では「ドキュフィクション」と定義されており、Docufictionの項目でも、パナヒ監督の前作(Closed Curtain)やキアロスタミの『そして人生はつづく』と並んで本作が代表的なドキュフィクション映画として挙げられているが、キアロスタミ作品と比べると、本作のほうが虚構性が高いように思われる。

登場人物である乗客たちは、入れ替わり立ち替わり乗ってきては、不条理な死刑制度や投獄、映画の規制、横行する窃盗、児童労働、それらの背景にある貧困、金への執着、はびこる迷信など、いかにも監督が描きたがりそうなイラン社会の問題を、語り、あるいは自ら体現し、去って行く。

さらに、運転手に徹する監督と、車内に固定されたカメラを補う役割を果たすのが、監督の姪のハナである。彼女は監督に代わって社会への疑問を語り、デジカメを使って車外の出来事を映し出す。

一連の出来事はゆるやかに繋がっており、一日の出来事として描かれている。要するにこの作品は、緻密な計算のもとに制作された映画であって、いわゆるドキュメンタリーとは違う。だが、それは、低俗な「やらせ」という意味ではない。

無論、中には出演者が自由に語っているリアルな部分があるだろう。例えば著名な人権活動家ナスリーン・ソトゥーデ本人が登場し、当ブログでも紹介したゴンチェ・ガヴァーミーの家族に面会に行くというくだりはかなりリアルである。

alefba.hatenadiary.jp

 

ソトゥーデ氏は2010年に投獄されており、2013年9月に釈放された。ガヴァーミー氏は、2014年6月に逮捕され、10月からハンストを決行、11月に釈放されており、ソトゥーデ氏は実際にガヴァーミー氏の家族に面会に行っているので、監督が敢えてソトゥーデ氏を登場させるために彼女とアポをとったにせよ、撮影の時期がかなりの程度特定され、この場面でリアルな出来事とのリンクが生々しくも浮き上がっている。

ちなみに、映画の中で「〜リアリズム」とか訳されていたsiyāh-namāという言葉は、文字通り黒い部分を見せること。外からは見えないような社会の負の側面を描いて晒すという面では、このパナヒ監督や、『別離』のファルハーディー監督が代表格で、こういう映画にはイラン国内でも賛否両論ある。

本作は、こうしたリアルな部分と、迷信に惑わされた双子のおばさんや、夫の生死よりも遺産のほうを気にしているかのような若い妻など、現実の社会をどことなく滑稽にデフォルメした部分とを混ぜ合わせ、一つのストーリーに仕上げており、小説などにも見られるような、イラン人のリアリティーに対する独特の感性が表れている。ネタバレになるので詳しくは書かないが、最後の終わり方は日本でもよく知られるモキュメンタリー映画『食人族』を彷彿とさせる。ドキュメンタリーとかモキュメンタリーとかそう言った概念自体をパロディー化して、そんなことを考えながら観ているような私のような人間を突き放し、あざ笑うかのようでもある。

 

 

f:id:iranolog:20170512000251j:plain

 

 

 

というわけで、この映画は、映画制作という禁を犯すにしても、大っぴらにロケをすれば妨害されるだろうし、こっそり作るにはこうするしかねえだろバカヤローという監督の声が聞こえてくるような作品です。そんな声を聴きたい人は、早いとこ観に行くのがよいです。 

新宿武蔵野館での上映は5月中旬までとのこと。本編上映前に森達也監督、松江哲明監督による数分の短編(数分ずつ)も観られます。

『人生タクシー』公開記念!短編映画上映決定! » 新宿武蔵野館

shinjuku.musashino-k.jp

 

また、13日から26日までは渋谷のアップリンクでも上映されます。(こちらは短編の上映は無し)

www.uplink.co.jp

 

そして6月は、ファルハーディー監督の『セールスマン』もいよいよ公開されます。今年もイランが熱い(暑い)!!

 

イラン映画をみに行こう

イラン映画をみに行こう

 

 

 

 

ゲルプケ訳『アミール・アルサラーンの恋愛と冒険』

おはこんばんちわ。4月になって、朝、家族が観ているテレビ番組「ZIP!」で唯一、目の保養になっていた応援していた杉山セリナさんが殆ど出なくなってしまったので、朝から嗚咽しながら電車に乗り込む日々です。

さて、絶版になっている『名高きアミール・アルサラーン』のドイツ語訳がAbeBooksに手頃な価格で出ていたので購入したのですが、さきごろ届きました。

 

 

思ったより小さいです。左の講談社学術文庫と比べると、小ささが分かるでしょうか。

 

右の本はペルシア語オリジナル(ジャアファル・マフジューブ版)です。

ハードカバーで、ページには薄めの紙が使われています。イラスト等は一切なく、各章には、ペルシア語の見出しがついています。

 

書誌情報:

*Naqīb al-Mamālik

Liebe und Abenteuer des Amir Arsalan : Roman / Naqib al-Mamalek ; Erstmals aus dem Persischen übersetzt von Rudolf Gelpke. (Manesse Bibliothek der Weltliteratur ; )

[Zürich] : Manesse, c1965. --  599 p. ; 16 cm.

 

Wikipediaによると、版元のManesseは、1944年にチューリッヒで設立された出版社で、古典文学・世界文学の出版で知られています(現在はランダムハウスの子会社)。ペルシア文学分野ではほかにニザーミーの『ホスローとシーリーン Chosrou und Schirin』、『七王妃物語 Die sieben Geschichten der sieben Prinzessinnen』、『ライラとマジュヌーン Leila und Madschnun : der berühmteste Liebesroman des Morgenlandes』、ハーフィズのガザル詩 Ghaselen 、ニザーム・アル=ムルク『統治の書 Das Buch der Staatskunst, Siyāsatnāma : Gedanken und Geschichten』なんかの翻訳も出しています。平凡社東洋文庫のレパートリーとも重なる部分があります。 

この『アミール・アルサラーンの恋愛と冒険 Liebe und Abenteuer des Amir Arsalan』は1965年の訳で、その7年後に43歳の若さで死んでしまった訳者のルドルフ・ゲルプケという人は、もしかするとLSD(薬の方)によるトリップとオリエントへの憧憬を同列に見てしまうような人だったのかも知れません。私はドイツ語がよく分かりませんが、序文を見ると、やたらとリーベ、リーベと書いてありまして(笑)

その約半世紀後に、極東の島国で私のようなLSD、じゃなかったジョギング愛好家の、リーベに生きる男たち(北斗の拳)に影響を受けて乱暴者に育った42歳のおじさんが、インターネットで自分の訳書を買い求め、ニヤニヤしながら眺めたり撫で回したりているなどとは、ゲルプケさんも想像しなかったでしょう。やっぱり翻訳って重要ですね。

 

ちと話はずれますが、翻訳出版史に輝かしい足跡を残した(?)シリーズといえば、平凡社のペルシア文学叢書があります。

f:id:iranolog:20150415012447j:plain

我が家の家宝の一つ、平凡社のペルシア文学叢書版『ハーフィズ詩集』。何を隠そう、私は2冊持っている(くどい!)。同じシリーズの『ホスローとシーリーン』も持っている。

 

f:id:iranolog:20150415013801j:plain

天染めがされており、表紙は金色になっています。

 

一時期、蔵書を自炊することにはまっていましたが、紙の本にはやはりモノとしての存在感と経年による重みがありますので、捨てられません。

無論、外見に対するフェティッシュではなくて、中身こそが重要なのですが。

 

中身が・・・

biz-journal.jp

 

 

明けましておめでとうございます(イラン暦版)

サーレ・ノウ・モバーラク(新年おめでとうございます)

元日に書いた前回の記事から、あっという間に3ヶ月以上が過ぎ、イラン暦の新年(1396年)になってしまいました。相変わらずの筆不精、有言不実行の日々でお恥ずかしい限りです。

イランの新年は春分から始まる。その前後2週間はお休みである。日本では新年の決意を固めても、そこから年度末の、いわば一年の仕上げの仕事があるので、4月以降の見通しが効かず、新しい仕事がすぐに始められないのだが、イランのように春分から新年が始まるのは、これから日が長くなり、暖かくなっていくので自然でもあるし、合理的だ。日本でもノウルーズを採用して、暦年と会計年度を一致させるべきだ、と思うのは私だけだろうか。

ともあれ、この3ヶ月間あまり、仕事や研究でも色んなことがあり、また心境の変化もあったのだが、中でも、5年ぶりにイランに行ったことは、色んな面でリフレッシュする良い機会になった。

旅の記録はまたぼちぼちアップするとして、夜中になってしまった&昨日から花粉症を発症してしまい(克服したと思っていたのでショックだ)、辛いので今日はご挨拶のみにて。次に更新するのは、花粉のなくなるゴールデンウィークあたりになるかも知れません(笑)。

というわけで、イラン暦1396年もよろしくお願いします。

 

おまけ

f:id:iranolog:20170321002415j:plain

今回の旅で入手した、新しい『名高きアミール・アルサラーン』の要約版。絵・文ともにヌーロッディーン・ザッリーンケルクという人が書いている。

 

f:id:iranolog:20170321002733j:plain

第13章「ルビーの街の靴修理屋」の場面の挿絵。内容から察する限り、左上の髭もじゃの男がアルサラーン。

 

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.