読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来るべきアレフバーの世界

ペルシア文学・イラン文化研究と図書館の話

ゲルプケ訳『アミール・アルサラーンの恋愛と冒険』

おはこんばんちわ。4月になって、朝、家族が観ているテレビ番組「ZIP!」で唯一、目の保養になっていた応援していた杉山セリナさんが殆ど出なくなってしまったので、朝から嗚咽しながら電車に乗り込む日々です。

さて、絶版になっている『名高きアミール・アルサラーン』のドイツ語訳がAbeBooksに手頃な価格で出ていたので購入したのですが、さきごろ届きました。

 

 

思ったより小さいです。左の講談社学術文庫と比べると、小ささが分かるでしょうか。

 

右の本はペルシア語オリジナル(ジャアファル・マフジューブ版)です。

ハードカバーで、ページには薄めの紙が使われています。イラスト等は一切なく、各章には、ペルシア語の見出しがついています。

 

書誌情報:

*Naqīb al-Mamālik

Liebe und Abenteuer des Amir Arsalan : Roman / Naqib al-Mamalek ; Erstmals aus dem Persischen übersetzt von Rudolf Gelpke. (Manesse Bibliothek der Weltliteratur ; )

[Zürich] : Manesse, c1965. --  599 p. ; 16 cm.

 

Wikipediaによると、版元のManesseは、1944年にチューリッヒで設立された出版社で、古典文学・世界文学の出版で知られています(現在はランダムハウスの子会社)。ペルシア文学分野ではほかにニザーミーの『ホスローとシーリーン Chosrou und Schirin』、『七王妃物語 Die sieben Geschichten der sieben Prinzessinnen』、『ライラとマジュヌーン Leila und Madschnun : der berühmteste Liebesroman des Morgenlandes』、ハーフィズのガザル詩 Ghaselen 、ニザーム・アル=ムルク『統治の書 Das Buch der Staatskunst, Siyāsatnāma : Gedanken und Geschichten』なんかの翻訳も出しています。平凡社東洋文庫のレパートリーとも重なる部分があります。 

この『アミール・アルサラーンの恋愛と冒険 Liebe und Abenteuer des Amir Arsalan』は1965年の訳で、その7年後に43歳の若さで死んでしまった訳者のルドルフ・ゲルプケという人は、もしかするとLSD(薬の方)によるトリップとオリエントへの憧憬を同列に見てしまうような人だったのかも知れません。私はドイツ語がよく分かりませんが、序文を見ると、やたらとリーベ、リーベと書いてありまして(笑)

その約半世紀後に、極東の島国で私のようなLSD、じゃなかったジョギング愛好家の、リーベに生きる男たち(北斗の拳)に影響を受けて乱暴者に育った42歳のおじさんが、インターネットで自分の訳書を買い求め、ニヤニヤしながら眺めたり撫で回したりているなどとは、ゲルプケさんも想像しなかったでしょう。やっぱり翻訳って重要ですね。

 

ちと話はずれますが、翻訳出版史に輝かしい足跡を残した(?)シリーズといえば、平凡社のペルシア文学叢書があります。

f:id:iranolog:20150415012447j:plain

我が家の家宝の一つ、平凡社のペルシア文学叢書版『ハーフィズ詩集』。何を隠そう、私は2冊持っている(くどい!)。同じシリーズの『ホスローとシーリーン』も持っている。

 

f:id:iranolog:20150415013801j:plain

天染めがされており、表紙は金色になっています。

 

一時期、蔵書を自炊することにはまっていましたが、紙の本にはやはりモノとしての存在感と経年による重みがありますので、捨てられません。

無論、外見に対するフェティッシュではなくて、中身こそが重要なのですが。

 

中身が・・・

biz-journal.jp

 

 

明けましておめでとうございます(イラン暦版)

サーレ・ノウ・モバーラク(新年おめでとうございます)

元日に書いた前回の記事から、あっという間に3ヶ月以上が過ぎ、イラン暦の新年(1396年)になってしまいました。相変わらずの筆不精、有言不実行の日々でお恥ずかしい限りです。

イランの新年は春分から始まる。その前後2週間はお休みである。日本では新年の決意を固めても、そこから年度末の、いわば一年の仕上げの仕事があるので、4月以降の見通しが効かず、新しい仕事がすぐに始められないのだが、イランのように春分から新年が始まるのは、これから日が長くなり、暖かくなっていくので自然でもあるし、合理的だ。日本でもノウルーズを採用して、暦年と会計年度を一致させるべきだ、と思うのは私だけだろうか。

ともあれ、この3ヶ月間あまり、仕事や研究でも色んなことがあり、また心境の変化もあったのだが、中でも、5年ぶりにイランに行ったことは、色んな面でリフレッシュする良い機会になった。

旅の記録はまたぼちぼちアップするとして、夜中になってしまった&昨日から花粉症を発症してしまい(克服したと思っていたのでショックだ)、辛いので今日はご挨拶のみにて。次に更新するのは、花粉のなくなるゴールデンウィークあたりになるかも知れません(笑)。

というわけで、イラン暦1396年もよろしくお願いします。

 

おまけ

f:id:iranolog:20170321002415j:plain

今回の旅で入手した、新しい『名高きアミール・アルサラーン』の要約版。絵・文ともにヌーロッディーン・ザッリーンケルクという人が書いている。

 

f:id:iranolog:20170321002733j:plain

第13章「ルビーの街の靴修理屋」の場面の挿絵。内容から察する限り、左上の髭もじゃの男がアルサラーン。

 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

 

毎度のことながら、年末から年度末にかけては寒いのでブログ更新が途絶えがちになってしまいます。しばらく更新してなかったので、きっかけがなくなっていましたが、新年ということで、うまいこと切り替えて行きたいと思います。今年もよろしくお願いしますです。

今年の初仕事

今日は厄除けで有名な大国魂神社に初詣に行ってきました。私はズバリ言って唯物論者なので、矛盾していますが、神社やお寺にお参りするということには特別な思いがあり、初詣に行かないとなんかずっと気持ち悪いものを抱えた気分になります。お泊りなのに歯ブラシ忘れて歯が磨けないときみたいな(笑)。

 

初詣の大国魂神社はすごく混んでいるというイメージがあります。元日〜3日ぐらいの日中に行くと、鳥居の外のけやき並木まで行列ができていて、フォーリスの前あたりから並ぶと、お参りできるまで40分以上かかると思います。

 

それに、行列でやってると、列を抜けると元に戻れないという心配から、手水をおろそかにしてしまいがちです。というか、みんなやってないですね。何か食べながら並んでたり。そんなんじゃご利益ないですよ(笑)。

 

それはさておき。今回は午前3時ごろでかけようと思っていましたが、寝過ごして5時半に目が覚めました。まだ暗い中、小走りで行きまして、着いたのは6時半ぐらいでしょうか。神社には結構な人がいて、出店も半分ぐらいは営業していましたが、ほとんど並ばずに参拝できました。家内安全を祈願してきました。

 

f:id:iranolog:20170101091029j:plain

f:id:iranolog:20170101091047j:plain

こんな感じの混み具合でした。

 

帰りは住宅街の中から登る日の出を見ながら帰ってきました。ありきたりですが、とてもすがすがしい気分になり、今年はこれをやるぞ、という決意が湧いてきました。

 

今週のお題「2017年にやりたいこと」

研究に関してですが、

ナーセル・ホスロウの研究の仕上げ

11世紀のペルシア詩人でイスマーイール派の思想家であったナーセル・ホスロウの思想的著作の研究は、修士課程以来の大きな課題であり、もはやライフワーク(?)になっています。もちろん、この手の研究に終わりはないので、仕上げというものもないのですが、まだ活字にできていないことが多いので、できれば1冊のモノグラフの形にしておきたいです。

アミール・アルサラーンの翻訳に着手したい

このブログであらすじを紹介していた『名高きアミール・アルサラーン』の物語ですが、例の件もあって、最後まであらすじを載せるのはやめて、やはり将来的には完全な翻訳の形にして発表したいと思っています。そのためには、まだ色々と研究しないといけないのですが、今は資料を集めている段階です。完成までは、何年もかかると思います。

現代小説の紹介

2014年に出たイラン女性作家の短編集『天空の家―イラン女性作家選 (現代アジアの女性作家秀作シリーズ)』は画期的な出版でしたが、アラブに比べるとまだまだイランは現代小説の翻訳が少ないですね。トルコの方は、宮下遼さんが精力的に中長編の翻訳を出しておられるので、イラン文学もプレゼンスを高めていかないと、と思っています。思っていますが・・・なにすればええんや・・・

 

ほかにもやりたいことは色々ありますが、風呂敷広げすぎになってしまうのでこれだけにしておきます。

 

あとですね、今年はクールでニヒルなキャラを目指して、これからは研究者のブログらしく「である」調のブログにしていこうとか思っています(笑)。

 

というわけで、今年もボチボチと更新していきますが宜しくお願い致します。

 

Copyright © Yasuhiro Tokuhara, All rights reserved.